2007年2月20日

アン先生

Filed under: アロマセラピー — noriko @ 8:18 PM

IFAの先輩が立ち上げた京都のスクールで、第一回目のセミナーが開催されました。

記念すべき第一回のセミナーは私のアロマセラピーの恩師、アン・マーレー先生による、アロマセラピーフルトリートメントのデモンストレーションと、新テクニックの指導でした。

アン先生は私の尊敬するセラピストの一人で、誰に対しても優しく、包容力があり、トリートメントのテクニックもとてもエレガント!
アロマセラピストとしての、オーラがあるのです。

常に私が目標にしている、アロマセラピスト。

久しぶりにお会いした先生は再会を喜んでくださり、Hug して下さいました!

長い間、お会いしたいと思っていましたので、お会いできて感激!!!!!

?

アン先生のデモンストレーションは、現在の私のテクニックを振り返る、良い刺激となりました。 

スクールを卒業してから、上を目指して新テクニックを学んだりしましたが、基本からどんどん離れていってしまったことを、改めて認識してしまいました。

やはり、マルグリト・モーリー女史直系の手技は、私の大切な宝物!
今回のセミナーで、新しい手技を教えていただきましたが、アン先生から、「とても良くできていますよ」と、お褒めの言葉をいただき、またまた感激してしまいました。

アン先生の前に行くと、私はまだまだ駆け出しのセラピスト。

いつになったら、先生のようなエレガントなトリートメントができるのかしら?

道のりは長いな?。

2007年2月1日

セラピストと冷え性

Filed under: 美容 健康 — noriko @ 7:36 PM

この時期、手の冷たいセラピストのオイルトリートメントを受けると、心地よさが半減してしまいます。

背中に冷たい手が触れると、「キャ」と声を出しそうになります。

そんな経験はありませんか。

セラピストの方も、背中に触れる前に手を擦って温めているようですが、もともと冷たい手は、ほっとするほど温かくはありません。
皆さんはどのようにして、手の冷え対策をしていますか。
以前、私は冷え性で、真夏でも靴下を履いて寝ていました。
今は、一年中、家の中では素足です。

どのように克服したのかというと、気功のトレーニングを受けたからだと思います。

気功と太極拳を習っているうちに、だんだん素足で問題なくなってきました。
自分の身体に流れる気のエネルギーが、バランス良く流れるようになったからではないでしょうか。

現在私の手は、トリートメントを開始しようとすると、温かさが増します。

手に意識を持っていくと、手のひらの温度がジワジワと上がってきます。

その手でクライアントの背中に触れると、皆さんほっとされるようで、トリートメント開始時の体の緊張がほぐれていきます。

もちろん レイキ を習得されるのも、良い方法だと思います。

?

冷え性でお悩みのセラピストの皆様、ぜひトライしてみてください。

気のコントロールができるようになるまで、少々時間はかかるかもしれませんが、来年の冬には、温かい手でクライアントを癒していることでしょう。

温かい手は、クライアントに母のぬくもりを喚起させ、心身をリラックスさせてくれますよ。

HTML convert time: 0.099 sec. Powered by WordPress ME