2008年6月23日

手についた臭い

Filed under: アロマセラピー,美容 健康 — noriko @ 8:19 PM

上野のショールームにいらっしゃるお客様から、「ブログを見ていますよ」と言っていただく度に、しばらく更新していなかったので、心が痛みました。。。。。

少し仕事も落ち着いてきましたので、また書いていきたいと思います。
宜しくお願いいたします。

昨日は久しぶりに、ゆっくり時間が取れましたので、近くのスーパーマーケットへ、行きました。

お魚売り場で私の目に飛び込んできたのは、丸々と太ったイワシ!

「このイワシ、私につみれにしてほしいとアピールしてる!」と勝手に感じたので、
さっそく購入して帰りました。

イワシと言えば手開きですよね。

ほとんど包丁を使うことなく、開くことができ、フードプロセッサーで、あっという間にすり身に。

そして、おいしいつみれ汁になりました。

さあ、いただきましょうとお椀を口元へ持っていった瞬間に、アロマセラピストとして敏感になっている私の嗅覚は、手の生臭い匂いを感知してしまいました。

臭い取りをするのを、忘れてた。

さっそくキッチンへ。

手に水をつけて、水道の蛇口をこすって、お掃除します。

それだけで、手に付いた臭いはほとんど取れました。

この方法をご存じの方も多いと思いますが、知らない方のためにお伝えします。

手に付いた臭いは、ステンレスがとってくれます。

臭いとりグッツで、ステンレスが石鹸のような形状をしている物も東急ハンズなどで売られいます。

でも、新たに購入しなくても、キッチンにはステンレスがたくさんありますので、それを活用してください。

手に水をつけて、ステンレスにこすりつけます。

そうすると、簡単に臭いが取れます。

ぜひお試しください。

特に、フェイシャルを行うセラピストの方、意外に手の臭いをお客様が感じる事ってあるのですよ。

お気を付けくださいね。

2007年2月1日

セラピストと冷え性

Filed under: 美容 健康 — noriko @ 7:36 PM

この時期、手の冷たいセラピストのオイルトリートメントを受けると、心地よさが半減してしまいます。

背中に冷たい手が触れると、「キャ」と声を出しそうになります。

そんな経験はありませんか。

セラピストの方も、背中に触れる前に手を擦って温めているようですが、もともと冷たい手は、ほっとするほど温かくはありません。
皆さんはどのようにして、手の冷え対策をしていますか。
以前、私は冷え性で、真夏でも靴下を履いて寝ていました。
今は、一年中、家の中では素足です。

どのように克服したのかというと、気功のトレーニングを受けたからだと思います。

気功と太極拳を習っているうちに、だんだん素足で問題なくなってきました。
自分の身体に流れる気のエネルギーが、バランス良く流れるようになったからではないでしょうか。

現在私の手は、トリートメントを開始しようとすると、温かさが増します。

手に意識を持っていくと、手のひらの温度がジワジワと上がってきます。

その手でクライアントの背中に触れると、皆さんほっとされるようで、トリートメント開始時の体の緊張がほぐれていきます。

もちろん レイキ を習得されるのも、良い方法だと思います。

?

冷え性でお悩みのセラピストの皆様、ぜひトライしてみてください。

気のコントロールができるようになるまで、少々時間はかかるかもしれませんが、来年の冬には、温かい手でクライアントを癒していることでしょう。

温かい手は、クライアントに母のぬくもりを喚起させ、心身をリラックスさせてくれますよ。

HTML convert time: 0.104 sec. Powered by WordPress ME