2008年3月13日

アン先生

Filed under: アロマセラピー,癒し — noriko @ 8:34 PM

一年ぶりに、アン先生にお会いしました。

アン先生は、イギリスのチャンプニーカレッジ・オブ・ヘルスアンドビューティーで
主任講師をされていらっしゃいました。

IFAの代表講師としても、長く活動されていた方です。
私にとって、一番、目標としているセラピストなのです。
アン先生のトリートメントはとてもエレガント。

動きに無駄がなく、そして美しいのです。
でも、それ以上に素晴らしいのは、常に相手の良いところを見ていること。

これは、クライアントや生徒にとって、前向きになる力を与えるために大切なこと。
今、振り返ってみれば、アン先生の授業では、相手の良いところを見ることができるように、トレーニングが行われていたのです。

授業を受けている時には、その様なトレーニングをされているとは、気付きませんでした。

相手を思いやる心を持てば、おのずと相手の良いところが見えてくる。

批判は簡単だけれど、相手の良いところを見つけて、それを自然な言葉で表すのは、日本人には少々苦手なこと。

でも、少しずつ積み重ねていくと、相手に対しての見方が変わってきます。

アン先生、アロマセラピストとしてとても大切なことをお教えいただき、ありがとうございました。

感謝です。

HTML convert time: 0.324 sec. Powered by WordPress ME