2007年11月30日

リフレクソロジー トリートメント

Filed under: リフレクソロジー — noriko @ 11:18 AM

私が初めてリフレクソロジーを知ったのは、ハンネ・マルクワット女史著、吉元昭冶先生、星野益孝先生共訳の、医道の日本社出版の本「足の反射療法」でした。

この本はドイツで行われているリフレクソロジーを解説し、神経系に対する反射区も
あり、とても興味深い本です。

著者のハンネ・マルクワット女史は、リフレクソロジーの歴史に必ず登場する、ユーニス・インガム女史より指導をうけられたように、記憶しています。
ドイツでのマルクワット女史のセミナーは、医療従事者対象のため、それ以外の方は受講できないと聞いていましたので、受講は諦めていました。
ところが、来年早々に、マルクワット女史のセミナーが東京で開講されることとなり、さらに、医療従事者以外にも、リフレクソロジー実践者、セラピストも受講可能とのことを聞き、大変うれしく思い、早速受講を申し込ませていただきました。

10年間切望していたセミナー受講なので、今から、わくわく、ドキドキです。
なんだか、新入生になった気分です。
久しぶりに、本気で勉強するつもりです。(最近少々勉強をさぼり気味でしたので)
ご興味のある方は以下のアドレスからご確認ください。

http://www.wiese.co.jp/school_seminar_schedule.html

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.143 sec. Powered by WordPress ME